【自分に合うサイズとは?】-オーダースーツ-

スーツスタイルを素敵に見せるサイズ感

毎日着ているスーツは自分のステータスを外見から発信する重要なツールということはご存じでしょうか?

これは、見た目の印象で仕事ができそうか否か判断されてしまうケースもあります。

好感度が高いスーツスタイルを目指すのであれば、自分に合ったスーツを見極める必要があります。

では、「自分に合ったサイズ感」とはいったい何を基準に決めているのか。

今回は、自分に合ったスーツのサイズを見極めるためのポイントについてご紹介します。

 


 スーツを体型に合わせる必要性

スーツを体型に合わせるべき理由は大きく分けて2つあります。

1. 「体にフィットさせ、動きやすくするため」

体型よりもタイトなスーツを着ている場合、窮屈に感じやすいですよね。生地が引っ張られてしまうため、摩擦の激しい部分は破れやすくなります。窮屈な分、行動の範囲も狭まり良いパフォーマンスもできなくなります。

太すぎるシルエットは、手元や足元の生地が余ることから見た目の印象がだらしなく見えてしまいます。

どちらも身体にストレスを与えてしまうため、なんとなく疲れたな。と感じるのは服装からきているかもしれません。

2. 「綺麗なシルエットをつくるため」

スーツにもシーズンごとにトレンドがあります。「おしゃれにスーツを着こなしたい」との思いからトレンドのスーツを選んでしまう人は多いです。しかし、トレンドのデザインが着用する体型に合っているとは限りません。例えば、ゆとりのある大きめデザインの形が流行っているとしましょう。華奢な体型の男性が、大きめシルエットのスーツを選んでしまうと、スーツの丈や袖の長さがあまり不格好に。なによりスーツに着られている感が出てしまいます。どんなに美しいスーツを選んだとしても、自分の体型に合っていない型では自身の良さをアピールすることはできません。

スーツを美しく、格好良く着こなすためには自分の体型に合ったスーツを選ぶ必要があるのです。


 

 体型に合わせる重要なポイント

スーツを自分の体型に合わせるうえでポイントとなってくるのが、肩幅や袖丈、ジャケット丈、パンツ丈、ウエストなどのパーツです。

1. 肩幅のサイズ感

肩幅のサイズ感はジャケットの着心地を大きく左右するポイントになります。

スーツの肩幅が小さいと、肩周辺にシワができ窮屈に。逆に大きいスーツは肩が落ちて、猫背に見えやすくネガティブな印象に。

肩のフィット感は、ジャケットを着用したときに、肩の両端を1つまみ(1cm)できるくらいの余裕があるとよいでしょう。

2. ジャケットの袖丈

ジャケットの袖丈は、一目見たときのスーツスタイルの印象を左右します。

腕を下した状態で、袖元のシャツが 1~1.5cm程度見えるくらいがベストです。

シャツを着用しないときのジャケット袖丈のポイントは、腕を下したときに手首とかぶるくらいの長さに兆冊しておくと良いでしょう。

3. ジャケットの丈

魅せたい印象によって長めにとるか短めにとるかが変わってきます。

細身でスタイリッシュな印象のジャケットにしたい場合は、ジャケット丈は短めに。

ベーシックな印象のジャケットにしたい場合は、お尻の半分が隠れる長さにすると良いです。

4. パンツ丈

スーツ全体のシルエットの見え方にも影響を与える大きなポイント。

足首から膝下にできるたるみ(クッション)を基準にみていきます。

「ノークッション」パンツ丈をくるぶしの長さの場合に、膝下のたるみがない状態のこと。

「ハーフクッション」膝下に軽く「く」の字ができるくらいの折り目の状態のこと。

「ワンクッション」膝下に深い「く」の字の折れ目の状態のこと。

パンツの長さをベーシックな長さに調節したい場合は、ハーフクッションもしくはワンクッション程度に揃えます。

Young man in elegant shoes near color wall

5. ウエスト

パンツの動きやすさに直結する重要な部分です。

タイトすぎると、生地が傷んでしまう原因になったり締め付けから身体のめぐりが悪くなり疲労に繋がります。緩すぎると、パンツがずり落ちやすくなったり、ベルトを付けたときにシワになってしまいます。

適切なウエストのサイズ感は、パンツのチャックやボタンを閉めた状態で拳が1つ入るくらいの余裕があると良いでしょう。


 体格に合わせたスーツならオーダースーツ

吊るし(既製品)のスーツの中からこれらのポイントを全て押さえた1点に出会うことは難しいのが事実です。

また、的確にスーツのサイズを合わせるためには、自分の体の各パーツについてよく知る必要があります。自分にピッタリ合ったスーツを見つけるとなると、肩幅、裄丈などを自分で採寸するのは簡単ではありません。

オーダースーツであれば、自分に合った型紙をベースにあなただけのスーツが仕上がります。

パターンオーダーやイージーオーダーの場合は、用意された型紙の中から体に合ったものを選びサイズ調整をしていきます。フルオーダーの場合は、採寸したサイズを元にオリジナルの型紙を作ることが一般的です。

既製品のスーツを裾上げし、着用する場合とではフィット感が大きく異なり、着心地も快適です。


 自分に合ったスーツを着よう!

ビジネスシーンでは、第一印象が大切です。

体型に合ったスーツを選ぶことで、印象が良くなるだけではなく、動きやすさも手に入ります。自分の体型に合った最高の1着を手に入れるには、オーダースーツという方法を選択するのもおすすめです。

Order made Style ReToRuでは、体型に合ったサイズ感はもちろん、あなたのなりたい印象に合わせて色柄・形などのデザインを提案します。また、好みに合わせたサイズ感・デザインも選べるため安心です。

「毎日着る」だからこそ、自分に最適なスーツを選び、装いを整えることからはじめてみましょう。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>スーツが商談を決める

スーツが商談を決める

人は見た目が九割。その通りだ。
ReToRuは一人ひとりにベストな選択を一緒に探求し、見た目の【強み】を最大限に引き出す絶対の自信がある。
スーツで闘う人々のストーリを共に歩む
さあ、物語をつくろう

CTR IMG