【1枚で差が出る!】ビジネスシャツの基本

スーツを美しく着るためのワイシャツ

ワイシャツは普段、ジャケットで隠れているため脇役アイテムという意識があるからか、体に合っていないワイシャツを着ている人って意外と多いんです。たとえジャケットを羽織っていても、首回りが緩かったり袖が長すぎたりすると、かっこ悪く見えてしまいだらしない印象を与えることに。

暑い夏の季節では、ワイシャツのみでビジネスをされる方が多いのではないでしょうか。

スーツスタイルをより美しく魅せるためには、ワイシャツ選びがとても重要です。

サイズ選びの基本

シャツを選ぶ際に最も大切なことの中に、自分の体型に合っているか

ジャストサイズであるかどうか、という点があります。

サイズ感を決める重要な2つのポイントをご紹介していきます。

1. 裄丈(ゆきたけ)

手をまっすぐ下におろした状態で、首の後ろの付け根中心から肩先を通り、手の甲半分くらいがベストです。

ここで注意が必要なのは、最後が「手の甲の半分くらいのところ」という点。手首までの長さの場合、腕を上げたときに、肌が大きく露出してしまう可能性があります。短すぎると、腕を曲げたときに肘で生地がとられてカフスが上に上がる、もしくは手首が曲げられなくなり動きにくいです。

シャツの裄丈は長めにしてゆとりを持たせることが大切です。

2. 首回り(ネック)

喉ぼとけの下のあたりの首の周囲。

サイズが小さいと窮屈に見え、大きいとネクタイを締めたときに襟の付け根が重なってだらしなく見えてしまいます。

ジャストサイズはシャツの1番上のボタンを留めたときに、指が2本入るくらい(実寸+2cm)を基準とし、フィット感は好みに合ったものを。

タイトな首回りが好みなら指1本分(実寸+1cm)、ゆったりめが好みなら指3本分(実寸+3cm)を目安にしてください。

 

その他のポイント

1. ボディのフィット感

裄丈や首回りに加え、ボディのフィット感も重要。

締め付けがなく‟ラク”だからという理由でルーズなサイズを選んでいませんか?

確かに、動きやすくラクと感じるとは思いますが、まわりからは野暮ったく、だらしなく見えてしまいます。

そこで

胸回り(バスト):胸の一番幅の広い位置の周囲(両脇のすぐ下)

胴回り(ウエスト):おへそを通る腹部回り

上記2点の調整をすると、スタイリッシュな印象に変わります。

 

2. 着丈

ビジネスシーンでは、ワイシャツはパンツにタックインする場合がほとんどです。

動作を加えたときにワイシャツの裾が出ないよう、一般的にはヒップが隠れる長さが適正となっています。

もたつきが気になる場合は、ヒップの半分程度が隠れる長さにしましょう。

 

3. 肩

ワイシャツは肩が合っていないと、ジャケットを脱いだときやワイシャツのみの姿がサマになりません。

その目安となるのが、肩の縫い目の位置

理想は縫い目の位置が自分の肩幅にピッタリ、もしくは肩幅より少し内側に入っていること。

この点を注意すると一気にスタイルもよく見えるでしょう。

 

4. カフス

自分に合った裄丈のシャツを選ぶことが重要なのは、ジャケットの袖口とワイシャツの見え方に影響するからです。

ワイシャツのカフスをジャケットから約1cm程度覗くのが好バランスです。

これより短いと、ジャケットが直接肌に触れてしまい、生地が傷む原因に。

もう1つカフスをのぞかせる理由として、清潔かどうかを見極めるポイントにもなっています。

袖元が汚れていると、だらしない生活をしているのかなと思われてしまいますよね。

カフスはスーツを守る重要な部分でもあり、人柄を表す部分でもあります。

 

相手からの見え方

では、実際に自分に合ったサイズの着用写真と、そうでない写真で比べてみましょう。

改善した点は、

・ワイシャツ→首回り、袖丈

・ジャケット→袖の長さ、身幅、肩幅

・パンツ→長さを調整し、ハーフクッションに。

一見、左側でも印象は悪くはないですが、正しく自分に合ったサイズを着ている右側と比べると

スタイルやバランスの良さがかなり違って見えます。

ジャケット袖から少しワイシャツが見えることによってすっきりした印象になります。

そして、ワイシャツだけではなくスーツも自分に合ったサイズのものを選ぶことが、好印象への近道です。

自分に合ったワイシャツを購入するには?

ここまで、スーツを美しく着るためのワイシャツのポイントを説明してきましたが。

特に気を遣わない場面で着るようなワイシャツであれば、ファストファッションやネット通販、量販店などで気軽に選ぶという方法もあると思います。

また、セレクトショップやデパートなどで購入する方法もあるでしょう。

ですが、既製品のワイシャツは日本人の平均体型に合わせて作られるケースが多く、一人ひとりの体型については考慮されていません。そのため、大体のサイズが合っていたとしても細かいところまで自分の体型に合わせることは難しく、見た目やバランスも良くない印象を与えてしまう可能性があります。

オーダーメイドのワイシャツでは、細かい部分まで採寸し、自分の体型に合った一枚を作ることが出来ます。

自分の体型に合ったワイシャツは、いつものスーツスタイルをワンランク格上げしてくれます。

オーダーメイドというと高いイメージを持つ人もいるかもしれませんが、既製品との仕上がりは雲泥の差です。

 

Order made Style ReToRu では、あなたがどのような印象になりたいのかをカウンセリングし、採寸・デザインを決めていきます。

また、「自分がどのように見られているのか知りたい」

「どんな印象になりたいのかが見つからない」方にも一人ひとり寄り添って提案させて頂きます。

 

 

スーツよりも肌に近い大切なアイテムがワイシャツです。こだわりの一着、オーダーしてみませんか?

最新情報をチェックしよう!
>スーツが商談を決める

スーツが商談を決める

人は見た目が九割。その通りだ。
ReToRuは一人ひとりにベストな選択を一緒に探求し、見た目の【強み】を最大限に引き出す絶対の自信がある。
スーツで闘う人々のストーリを共に歩む
さあ、物語をつくろう

CTR IMG